結婚したいのにできない5つの誤解と偏見

まず、結婚にどんなイメージを持っていますか?

・結婚とは愛し合った2人がするものだ
・結婚とは結婚式を挙げる事だ
・結婚とは指輪を交換する事だ
・結婚とはハネムーンに行く事だ
・結婚とは子どもを産む事だ
・結婚とは親を喜ばすものだ
・結婚とは別れない事だ

など、色々とあると思います。
なぜ結婚したいのにできないのか?

それは
結婚への偏見と誤解があるからではないでしょうか?

5つの偏見と誤解についてまとめてみました。

恋愛の延長に「結婚」があると思っているから

恋愛のゴールが「結婚」ではありません。

恋愛のゴールは、「結婚」しなくても
「パートナー」としてお互いを尊重しあえる関係性です。

「結婚」をしたいのにできないというのは、
「結婚」に理想や夢を求めているかです。

例えば、仕事。
働く場所がないと言っている人がいますが、
条件や希望を求めなければいくらでも仕事は見つかります。

結婚も同じです。

条件や希望を求めなければ誰とでもできます。

恋愛の延長線上に結婚がないのは、
全く違うものだからです。

「恋愛」したいのか?
「結婚」したいのか?によって考え方が違いますし、
求める相手も違います。

恋愛しないと結婚できないと思っているから

恋愛をしなくても結婚はできます。

ひと昔前は、許婚(いいなずけ)や親が決めた人と結婚していました。
むしろ、そうしなければならなかったのです。

そう考えると、恋愛しなくても結婚できるのです。

例えば、

お見合いでもうまくいかないという人は
いちいち、その人のことを好きになれないとかトキめかないと思ってしまうのです。
でも、「結婚」というもの自体がしたいのなら、関係ありません。

恋愛と結婚を混同しているから

恋愛と結婚は別と考えてみましょう。

燃え上がるような恋愛をした末結婚したカップルは大抵、

別れます。

なぜなら、「恋愛」をしていることが2人にとって

幸せなことであって、

結婚してしまったら恋愛中のような気持ちにはなりません。
なぜなら同じ屋根の下で、毎日ドキドキしたりトキめいたり、胸キュンしていたらとても日常生活は送れません。

そのため自分が恋愛向きなのか結婚向きなのか今一度考えてみましょう。

本当に相手のことを好きならば、
結婚しなくても2人でいられたらそれだけで幸せだと感じることでしょう。

結婚は自分だけの幸せではなく、2人にとっての幸せを目指すことです。

親への反発があるから

・親に認められる人じゃなきゃいけない。
・親が幸せそうじゃないから。

・親のような結婚なんてしたくない。
など・・・色々あると思います。

しかし、結婚に親は関係ありません。

まず自分自身がどうしたいのか?
これが1番大事です。

そして、その答えの先に「親」という存在があるだけで、
最初から
「親が反対するから結婚できない」とか
「親のことが心配だから結婚できない」
というのはおかしいですよね。

大事なことは、
自分が結婚したいのか?したくないかだけです。

コンプレックスがあるから

見た目に自信がない。
料理ができない。
片付けができない。

など・・・様々あるかもしれませんが、
ぶっちゃけそんなのは関係ありません。

周りをよ〜く見渡してください。

「え〜!こんな人でも結婚しているの?」という人いませんか?

伊達食う虫も様々・・・。

誰でもコンプレックスの1つや2つ・・・それ以上あるかもしれませんが、
それを受け入れる(仕方ないと思う)こと、

さらけ出すことで魅力に変わります。

開き直ることも大事です!!

 

まとめ:

結婚を「できる」「できない」で考えず、「する」か「しない」かで考えてみましょう〜!

 

それでは、また💗💗💗

ciao〜🐼

 

 


<提供サービス>
サービス・料金

LINE@のでご相談、受付中!!

♡恋愛や婚活に関するご相談は、
LINE@から承ります(*^^*)

友だち追加

ライン@にいただいたご質問と回答は
ブログで紹介させていただきます