おもしろくなると恋愛がうまくいく方法

私、笑いにストイックです!笑

 

だって、

つまらない女って思われた瞬間、

別に私じゃない女でもいいわけ。

誰でもいいなんて思われたら最後・・・。笑

 

おもしろさ・・・。

最近すごく求められています。笑

 

「私おもしろくなりたいんです」って・・・

恋愛相談じゃなくて、

そんな相談をすごくいただきます。

 

真剣におもしろくなりたいって・・・

ほんとおかしくって、おかしくって、

それだけで十分に

おもしろいですよ。笑

でも、

笑いって難しいのも確か。

 

センスも必要ですし、臨機応変なトークスキルも必要です。

 

間違えると、

冗談のつもりでも、

相手の受け取り方次第で嫌味や意地悪って思われてしまう可能性もあります。

例えば、

「兄弟何人いる?」と聞かれて

「異母兄弟も含めてもいい?」と言うとどっちかな?

と混乱させ、それはおもしさに変わります。

しかし、

「休みの日何してるの?」と聞かれた時に

「私友だちがいないからほとんど家にいるんだ」と本人は冗談のつもりでも、

相手からすれば、「聞いてはいけないことを聞いてしまったな」と思うかもしれませんし、

なんか暗い人なのかな・・・

って思われて距離を置かれてしまう可能性もあります。

だからこそ、

笑いが生まれていく過程が大事になってきます。

すごく緻密なんですよね。

笑いって・・・

「間」(ま)と「テンポ」ですから・・・

少しズレるだけで面白いものも全然おもしろ要素がゼロになって

マイナスにまでなってしまいますよね・・・。

だから安易に手を出すと危険なんですが、

「笑い」があればどんな状況でも抜け出すことができるのも事実。

自分の状況をネタにして笑うことはできても、

相手を笑わせることはサービスみたいなもの。

だから関西人ってすごくサービス精神旺盛な人種でもあるんですよね。

シャイでもあるけど、やっぱり笑ってほしい

・・・って思う気持ちが強い。

関西人って、

基本的には大きく分けて2つのタイプに分かれていて、

「ボケ」か「つっこみ」かのどちらかです。

しかし、時と場合によって、そのキャラを自在に変えることは可能です。

私自身は夫や友人といる時は基本的には「ボケ」ですが

生徒さんの前では「ツッコミ」です。(時々生徒さんにつっこまれますが・・・)

どちらかをメインに決めると、

そのキャラクターをブラッシュアップさせていきます。

幼い頃から自然と笑いが身につくのは、

「おもしろくない人」=「つまらない」=「友達になりたくない。」

と言う厳しい状況下の中で育つわけですから

命がけで笑いを身につけるしかないんですよね。

私も、必死で自分自身のキャラを分析し、どうやったら笑いに繋がるのかと言うことを

真剣に考えた時期がありました。

しかし、

笑いは自然なものであればあるほど、おもしろくなることがわかりました。

だからこそ、

自然な笑いを起こすためには

とにかく、

瞬発力・切り返し力・巻き込み力!!

まずこの3つを押さえます!

これだけでも、高度な笑いスキルがなくても

いい線までいけるんです。

 

そして、これを恋愛の会話に生かすこと!!

これが重要なんです。

瞬発力とは、すぐ反応すること。

とにかくなんでもいいから何かいう。

切り替えし力は、場の空気を変える明るさのこと。

そして巻き込み力は、その場の空気を変える力のこと。

 

そうそう、先月行われた主人の忘年会で、

チーズフォンデュらしからぬものが出てきてしまって・・・笑

↓現物写真

 

チーズフォンデュとして出されたこの一品にきゅうりがあったり、

チーズが冷たく固まってたり・・・。

ザワついてしまい一気に皆さんのテンションが下がった瞬間、

 

「わ〜!!これ新宿スタイルですね!!」

と私が言うと一気に重たい場の空気が明るくなり、

「なるほど〜!これが新宿スタイルか〜」

と急に珍しい食べ物に遭遇してラッキーだ!とまで思ってもらうことができました。笑

 

そうやって、場の空気を変えることでができたら自分の流れを作ることも可能です。

 

関西人は、何か嫌なことがあった時も

なぜかテンションが上がります。

 

「うそやん・・・↓」ではなく「うそやん↑」と反応するのです。

 

何か嫌なことがあった時に、

ぜひ、テンションをあげて見てください。

 

何か今までと違う反応を感じるはずですよ。

 

ウケる女はモテる!!

 

 

それでは、また〜(^O^)/


<提供サービス>
サービス・料金

LINE@のでご相談、受付中!!

♡恋愛や婚活に関するご相談は、
LINE@から承ります(*^^*)

友だち追加

ライン@にいただいたご質問と回答は
ブログで紹介させていただきます