ナンパについて- ショートショートストリー-

ナンパを極端に嫌がる必要はありません。

「出会いは道に転がっている!」

これは私の持論ではありますが、

ユニークな男性に出会えるチャンスだと思い

ぜひ1度、

声をかけられたら立ち止まってみてはいかがでしょうか?

 

自分から声をかけるのもアリですよ!!

 

<東京男のナンパ>

あまり盛り上がらなかったデートを早く切り上げて

1人夜の目黒をぽちらぽちらと歩いていた。

すると前からいかにもトウキョー男子が声をかけてきた。

今からどこに行くの?

何をするの?と決まりきったフレーズを横切り、

飲みに行こっかと誘ってみた。

少しくさくさした気分だった。

すると男性は戸惑いながらついてきた。

トウキョー男子は皆おもしろくないと

誤解と偏見を持つ私。

だけどやっぱりつまらない。

これを飲みきったら帰ろうとした瞬間、

見たことのある顔ぶれが店内に入ってきた。

アレ?テレビで見たことがある!

後輩芸人を連れた

さまぁ~ずだった。

慌てて追いかけた。←反射的に、、、笑

「メッチャファンです!写真一緒に撮ってください!!!」

するとプライベートだから写真はNGと断られたが、

「不倫ならいいよ♡」と・・・。

さまぁ~ずのシャレオツな冗談のおかげで

トウキョー男子への誤解と偏見が薄れた。

<大阪男のナンパ>

先日オオサカで、声をかけられた。

「うわぁ~~めっちゃ久しぶりやん!!めーちゃんやん!」

いかにも大阪はミナミにいそうなチンピラ風の男性だ。

「えっ、私?めーちゃん?違いますよ」

でも、私のことだからテキトーな名前を教えたのかと記憶をたどる。

しまった私は忘れてしまってる、、、

ヤバイなぁ、、でもこの手の男なら忘れないはずなのに。

「すいません。どこでお会いしましたか?」

すると、

「オレやん。オレ!オレ、トトロ!」

と言い自分で大爆笑するのである。

あっ!!

私の手に持っているスマホのケースを見て言ったのだ。

ちょうどトトロのスマホケースをしていた。

男の一瞬の観察力から私の足を止めた。

関西人らしい、ナンパは、

いかに「つかみ」が重要かわかる。

そのあと強引にもクイズを繰り広げるわけだ。

私の職業や年齢を当てようとする。

全部当たってなかったが、

おもしろいナンパに敬意を示し、

彼らを後にした。

<ナンパ男にナンパの仕方を伝授>

友人と夕食を食べようと、大阪で待ち合わせをしていた時、

知らない男性から声をかけられた。

「すいません。このあたりに美味しいお店はありますか?」

私は自称親切だ(笑)

「和食、中華、洋食ですか?それとも居酒屋系でお探しですか?」

すると、

「ちょっと、ゆっくり飲めるような店がいいんです」

と言い、

「おすすめは、ここからまっすぐに行ったAか、

もしくは、少し歩いたBもおススメですよ」

と答えた。

すると、

私の待ち合わせ相手が信号待ちをしている姿が見えた。

「それではまた。」と去ろうとしたら、

「あ、あの、その店へ一緒に行ってくれませんか?」

と・・・。

「え?」

と戸惑う私。

「あの、これナンパですか?」

と訪ねて見た。

すると、YESの返事・・・。

「それなら、最初から言ってください!!

今の一連なんだったんですか?それやったら先に用件!それから店の話でしょ」」

相手はキョトンとしている。

私はまだ続けた。

「最初からナンパやってわかってたら、番号交換もできたかもしれないし、

もう連れ合いがやってくるし・・・そんなナンパの仕方じゃダメです。

うまくいかなかったでしょ?今まで・・・。

まずナンパっていうのは・・・▼□♫×*・・・!!」

と今までに私がナンパされて足を止めたり、印象に残っていた

絶対に成功するナンパの仕方を伝授したのだ。笑

彼は感動し、お礼を言い夜の街へ消えた。

 

まさか、ナンパした女性に

ナンパの仕方を教わることになるなんて思わなかっただろう。笑

 

せっかく勇気を出して声をかけてくれたお礼になってよかった。笑

 


どんな出会いからも学ぶことがある。

少しでもいいと思えた男性がいたら、まず声をかける。

みんな「運命的」な出会いに弱いものかもしれません・・・。

うふふ

 

それではまた🐼

 

ciao 💗💗

 

 

 


<提供サービス>
サービス・料金

LINE@のでご相談、受付中!!

♡恋愛や婚活に関するご相談は、
LINE@から承ります(*^^*)

友だち追加

ライン@にいただいたご質問と回答は
ブログで紹介させていただきます